法人でパソコンの導入を検討する場合、自宅で使うのとは異なる観点から検討をしなければなりません。法人で使うパソコンは台数が多く、一度に購入すると支出が多額になることもあってリースにする場合もあります。ここでは、購入した場合とリースによる場合を比較してみます。

パソコンを購入した場合

パソコンをリースした場合

パソコンを購入した場合

法人でパソコンを購入すると、一度に多額の支出をしなければなりません。その一方で、毎月のリース会社に対する支払いはないため、購入してしまえば資金繰りは楽になります。その他にも様々なメリットとデメリットがあります。

ビジネスパソコンの選び方のポイント

ビジネスパソコンにも、さまざまなスペックのものがあります。無駄なコストをかけないためにも、文書作成や動画編集、プログラミングなど用途に応じたスペックのパソコンを選ぶことが重要です。

パソコンをリースした場合

リースによりパソコンを導入すると、一度に多額の支出をしなくてよくなります。その一方で、毎月リース会社に支払いをしなければならないため、常に資金繰りには注意が必要です。リースによる場合は、購入した場合とは異なる特徴があります。

リースによる場合のメリット

会社でパソコンを大量に導入するとなるとかなりのコストがかかります。ですが、リース契約を業者とすることで安いリース代だけでパソコンを導入することが可能になります。パソコンの購入にはある程度まとまった…

リースによる場合のデメリット

法人向けのパソコンを導入する際に、リースという手段を使うことがあります。リースとは、リース会社が機械や備品を購入し、それを企業などに一定期間賃貸する契約です。リースで物品を導入する場合は、まず企業…

リースする方がいいのはどのような法人?

会社で必要な支出をしたとき、通常はそれを経費として経理処理します。経費が多いと利益が減るので、無駄に多いのは好ましくありません。ただ利益が減れば税金が減るので、節税をするのであれば経費もそれなりに…